人を惹きつけるテクニック「神話の法則」をプロフィールに応用する

神話の法則 プロフィール

どーも、ダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

ネットに限らず、ビジネスを行っていく上で、
「ブランディング」って大事ですよね。

「ブランディング」っていうのは、
要はブランド化させることで、
ルイヴィトンとかが典型的な例ですね(・▽・)ノ

ブランディングがしっかりできていれば、
特に売り込まなくても、
多少値段が高くても、
商品は売れていきます。

 

たまに何の宣伝かまったくわからないCMないですか?

昔はあれ絶対広告費の無駄だろって思ってたんですが、
何の商品かわからなくても、名前を認知してもらうことに
意味があるんです。

人は、どっちを買おうか迷ったときに、
知ってるほうを買う傾向にあるそうですよ(゜゜)

僕も洗剤とかシャンプーとかよくわからないので、
値段も同じぐらいだし、
聞いたことあるやつ買っちゃいますヾ( ̄▽ ̄)

 

でも、ブランディングって難しいんですよね(^_^;)

僕も最近ようやくコメントやメールがもらえ出しましたが、
まだまだ「ダンゴ」の認知度は低いです。

現在勉強中なのですが、
今回は1つ、知っておいても損は無い
テクニック的なものをご紹介します(*^^)b

 

人気の物語にはある法則が

あなたは「神話の法則」ってご存知ですか?

かなり有名なので、
知ってたらすみません(^_^;)

ざっくり説明すると、
人気の出ている物語は、
すべてある一定の法則が当てはまり、
それこそが「神話の法則」と呼ばれるものなのです。

おおまかな流れとしては、

~~~~~~~~~~

①ごく平凡な主人公

②失敗の連続で何もうまくいかない

③ある日突然の出会い

④そこから徐々にレベルアップ

⑤目的を達成

~~~~~~~~~~

みたいな感じです( ̄▽ ̄)ノ

超有名な洋画だけでなく、
日本の漫画とかもだいたいこの法則が当てはまりますよね☆

 

神話の法則を応用

コピーライティングの世界では、
この神話の法則は、よくプロフィールに使われます。

例を挙げると、

~~~~~~~~~~~~~~~

①私は10年間サラリーマンとして働いていましたが、
このまま続けていても将来のビジョンが見えず、
副業でネットビジネスを始めることにしました

②しかし、始めはまったくうまくいかず、
寝る間も惜しんで毎日作業をしても
1年間で1000円しか稼げませんでした。

③そんなある日、知り合いの紹介で、
とあるセミナーに参加しました。

④そこで学んだことを実践していくと
みるみるうちに成果が出始めたのです。

⑤今では毎月安定して100万円以上稼げるようになり、
脱サラして自由な生活を送っています。

~~~~~~~~~~~~~~~

こんな感じですかね?( ̄▽ ̄)ノ

ちょっと適当で申し訳ないですが、
こんな風な流れはよく目にすると思います。

だいたい神話の法則に沿って書いていくと、
多くの人は共感を得やすいですよね(^^)

僕も、何1つ不自由なく成功した人よりは、
稼げない時期を経験している人に教えてほしいと思いますし☆

 

こういうプロフィールにしたら一気にメルマガ読者が2倍になる!
とかはないですが(笑)、見てくれた人は興味を持ちやすくなると思うので、
よければ試してみてくださいヾ(´▽`*)

もちろん、嘘を書いてはいけませんが、
いきなり成功できた人って少ないと思うので☆

    管理人プロフィール
    ▼名前:ダンゴ
    ダンゴ プロフィール
    どーも、ダンゴです。

    お酒と漫画とお笑いが大好きな大学生で、現在はネットビジネスとスロットで学費と生活費を稼ぎながら、細々と暮らしてます。

    数年前ブラック企業に内定し、「雇われるリスク」を肌で感じた結果、就職を放棄。

    とはいえ食わねばいけないので、藁にもすがる思いでネットビジネスを始めたところ、毎月10万円以上の収入を生み出すことに成功!

    知識ゼロから月収10万円を稼ぐまでの道のりをメールで紹介していますので、興味があれば登録してみてください☆

    ⇒10万を稼ぐ第1歩


    2 件のコメント “人を惹きつけるテクニック「神話の法則」をプロフィールに応用する”

    1. ぴろしき より:

      まさに進研ゼミのDMに付いてきたマンガですね!

      • ダンゴ より:

        >ぴろしきさん

        コメントありがとうございますヾ(´▽`*)ノ

        進研ゼミ、なつかしいです( ̄人 ̄*)笑

        あのストーリーはかなり典型的な例なので、
        意識して描かれた可能性大ですね☆

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ