正確にアナリティクスで解析するためにリファラスパム対策

spam

どーも、ダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

先日アナリティクスで当サイトのアクセスを確認していると、
謎のサイトからのアクセスがけっこうな割合でありました。

他サイトからのアクセスは、
「集客」⇒「すべてのトラフィック」⇒「参照サイト」
から確認することができます。

「何だろう?」と思ってそのURLにアクセスすると、
なんかよくわからない海外のサイトに飛びました(ノД`;)

これは「リファラスパム」と呼ばれるもので、
自分のようなアクセスを集めるため、
不正に参照サイトにURLを表示させる行為です。

まぁアクセスしなければいいんですが、
こういうスパムを放っておくと、
正確なアクセス解析ができなくなってしまいます(ノД`||)

そこで今回は、GoogleAnalyticsから
リファラスパムを除外する方法をご紹介します。

 

特定URLをブロック

Analytics filter

まず、GoogleAnalyticsにログインし、
「アナリティクス設定」の「ビュー」というところの
「フィルタ」をクリックします。

 

Analytics new-filter

「新しいフィルタ」をクリックします。

 

Analytics filter-tuika

▼フィルタ名
何でもOKです。

▼フィルタの種類
「カスタム」を選択。

▼フィルタフィールド
「参照」を選択。

▼フィルタパターン
除外したいURLを入力。

 

Analytics filter-kakunin

1度フィルタを適用したデータは元の状態に戻すことができないので、
不安な場合は「このフィルタを確認する」をクリックすると、
データへの影響を確認することができます。

問題なければ、「保存」をクリックして完了です(*^^)b

 

どのサイトを除外すればいい?

僕の場合は、
「4webmasters.org」からのアクセスが目立ったので、
それを除外しました。

アクセスしたら相手の思うツボなので、
アクセスしないでくださいね。

その他にリファラスパムと思われるURLに関しては、
こちらにまとめてあるので、参考にしてみてください(*^^*)

[見つけ次第更新] リファラースパムリスト

スパムが混じっていると、
アクセス数や訪問別ページビュー、PV単価など、
正確な解析ができなくなるので、
参照サイトはこまめにチェックしておくことをオススメします☆

 

ブログランキング参加中!
よければ1日1クリックしていただけると
嬉しいです♪ヾ(´▽`*)ノ
↓ ↓ ↓

 

    管理人プロフィール
    ▼名前:ダンゴ
    ダンゴ プロフィール
    どーも、ダンゴです。

    お酒と漫画とお笑いが大好きな大学生で、現在はネットビジネスとスロットで学費と生活費を稼ぎながら、細々と暮らしてます。

    数年前ブラック企業に内定し、「雇われるリスク」を肌で感じた結果、就職を放棄。

    とはいえ食わねばいけないので、藁にもすがる思いでネットビジネスを始めたところ、毎月10万円以上の収入を生み出すことに成功!

    知識ゼロから月収10万円を稼ぐまでの道のりをメールで紹介していますので、興味があれば登録してみてください☆

    ⇒10万を稼ぐ第1歩


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ