ブログ初期段階ではロングテールSEOを意識したキーワード選びがオススメ

ロングテールSEO

どーも、ダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

SEOに効果的な記事タイトルの付け方・キーワード選定のコツ

こちらの記事で、キーワード選定についてざっくり説明しましたが、
初期段階では、ビッグワードで記事を書いても、まず上位には表示されません。

この記事で言うと、
「引っ越し」っていうのはよく検索されているワードなのですが、
その分ライバルサイトがいっぱいあるので、
そういったワードを入れてもあまり効果はないということですね。

そこで今回は、ブログのパワーがまだついていないときにこそ効果的な
ロングテールSEOを意識したキーワード選定についてご紹介します。

 

ロングテールとは?

「ロングテール」っていうのはマーケティング用語で、
ざっくり説明すると、販売数の少ない商品をいっぱい売ることで、
その売上がけっこういくよね~って感じの理論です( ̄▽ ̄)ノ

その販売数と商品をグラフ化したときに、
長い尻尾のように見えることから
そう呼ばれています。

ロングテール グラフ

◆参考:ロングテール(ロングテイル)SEO

で、このロングテールはサイト運営にも当てはめる
ことができます(*^^)b

 

始めのうちこそロングテール

具体的に言うと、
「引っ越し」のようなビッグワード1つを狙うのではなくて、

「引っ越し+○○市」
「引っ越し+一人暮らし+値段」
「引っ越し+一戸建て+挨拶」

など、より絞った層に対して、
複合キーワードで記事を書いていく感じです。

こうすることで、1記事のアクセスは減りますが、
それぞれの少ないアクセスが集まることによって、
全体的なアクセスは伸びていきます。

自分に当てはめるとだいたいそうだと思うのですが、
基本的にユーザーは、検索の1ページ目(10サイト)に出てくる
サイトしか見ません。

なので、とにかく1ページ目に表示できるような
キーワードを探すことが大事になってきます。

 

ちなみに、本当に最初のうちは、
予測変換に出てくるようなキーワードでは
なかなか上位表示されないので、
そうとうロングテールで攻めないと厳しいです(^_^;)

で、その都度アクセス解析でチェックして、
どのキーワードが効果的かを研究していく感じですね。

けっこう需要があるのに誰も記事を書いていない、
「お宝キーワード」を見つけたときは
ちょっと楽しいですよ(´人`*)♪

そうやってコンテンツが増えてくると
ブログ自体のパワーもついてくるので、
徐々にビッグワードでも上位に表示できるようになっていきます。

最初のうちはどうしてもビッグワードで勝負してしまいがちですが、
「こんなんで調べる人いるのかな?」ぐらいのキーワードで
狙ってみてください(*^^)b

例えアクセスが来なくても、検証できますし、
コンテンツも増えるので、決して無駄にはなりませんので☆

管理人プロフィール
▼名前:ダンゴ
ダンゴ プロフィール
どーも、ダンゴです。

お酒と漫画とお笑いが大好きな大学生で、現在はネットビジネスとスロットで学費と生活費を稼ぎながら、細々と暮らしてます。

数年前ブラック企業に内定し、「雇われるリスク」を肌で感じた結果、就職を放棄。

とはいえ食わねばいけないので、藁にもすがる思いでネットビジネスを始めたところ、毎月10万円以上の収入を生み出すことに成功!

知識ゼロから月収10万円を稼ぐまでの道のりをメールで紹介していますので、興味があれば登録してみてください☆

⇒10万を稼ぐ第1歩


4 件のコメント “ブログ初期段階ではロングテールSEOを意識したキーワード選びがオススメ”

  1. ゆうご より:

    こんにちは。
    質問です。
    ロングテールSEOという事ですが、ダンゴさんが実際に書いたロングテールの記事ってどんなものか具体的に教えていただくと参考にしやすいです。
    宜しくお願いします!

    • ダンゴ より:

      >ゆうごさん

      スロット関係のブログを運営されているようなので、
      スロット系でいくと、「ハーデス 出目」というキーワードで記事を書いたところ
      かなりのアクセスが来ました\(^o^)/

      これは当時誰もこのキーワードで記事を書いていなかったにもかかわらず、
      出目を調べるユーザーが多かったためですね☆

      (ちなみに今はこのキーワードにみんな気づいたので、
      中規模キーワードぐらいになってます^^;)

      こういうのはグッドキーワードなどのツールには出てこない
      「お宝キーワード」なので、それを見つけられるとでかいです。

      とはいっても難しいことは考えずに、
      「読者さんはどういうことを知りたいのか」
      を常に考えて記事を書いていけば問題ないと思います(*^^)b

      • ゆうご より:

        なるほど、ありがとうございます!
        ハーデス、出目はアドワードの運用ツールで見つけたわけではなく、自分で読者の需要を感じ、記事にしたという感じですね。
        自分もキーワード考えてみようと思います。

        • ダンゴ より:

          >ゆうごさん

          そうですね。

          一応紹介しといてあれですが、
          キーワードツールに出てくるようなキーワードは
          ビッグキーワードなので、そのまま使っていたらなかなか厳しいです(^_^;)笑

          「キーワードを見つける」というよりは、
          「検索する人はどのようなことが知りたいのか」
          を考えるといいかもしれませんね(*^^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ