キーワードカニバリゼーションを意識したSEO対策

キーワードカニバリゼーション

どーも、ダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

みなさんは、
「カニバリゼーション」という言葉をご存じでしょうか?

カニバリゼーションとは、マーケティング用語で、
自社の商品が自社の他の商品を侵食してしまい、
いわゆる“共食い”のようになってしまう現象のことをいいます。

 

このカニバリゼーションは、実はブログの世界にもあって、
キーワードカニバリゼーション(キーワードの共食い)と言われています。

例えば、同じようなキーワードの記事がいくつかあると、
検索エンジンはそのすべてを上位に表示しません。

検索エンジンは、ユーザビリティ向上のため、
なるべく異なる記事を載せようとするからですね。

基本的に、同一ドメインの場合、
検索結果に4ページ以上同じキーワードでは表示されないそうです。

では、どうすれば
キーワードカニバリゼーションを防ぐことができるのでしょうか?

効果のほどはわかりませんが、
僕が行っている対策をご紹介します(・▽・)ノ

 

タイトルに異なるキーワードを入れる

同じキーワードが上位表示されないのなら、
別のキーワードを盛り込めばいいですよね( ̄▽ ̄)ノ

例えば同じ「ダイエット」に関する記事だったとしても、

「痩せる方法」とか
「体脂肪の落とし方」とか
「体重を減らす」とか

いろんなキーワードに置き換えることができます☆

こうすることで、多少なりとも差別化できますし、
さまざまなワードで検索してくる読者さんを
取りこぼすことなく対応することができます(^^)

いろいろ試すことにより、意外な穴場キーワードを
見つけることができるかもしれませんしね(´人`*)♪

 

1つのページにまとめる

同じようなキーワードの記事がたくさんできてきたら、
それらをまとめたページを作るのも効果的です。

先ほどのダイエットの例で言うと、
「ネットで評判のダイエット法まとめ」
みたいな感じで、1つページを作って、
そこに各記事へのリンクを貼るんです。

そうすることでクローラーも巡回しやすくなりますし、
読者さんから見ても見やすいですよね(*^^*)

このページにはビッグワードを盛り込んでおくと、
「“ダイエット”というキーワードではこのページを表示しよう」
という感じで、検索エンジンが判断してくれるわけです☆

こちらのサイトが参考になると思うので、
さらに詳しく知りたい方は読んでみてください(^^)

検索エンジンを混乱させるキーワードカニバリゼーションの解消法

 

最初のうちはあまり意識する必要はないですが、
ブログのコンテンツが増えてきたなぁと思ったら、
こういうことも少し頭の片隅に入れておくといいですね(*^^)b

管理人プロフィール
▼名前:ダンゴ
ダンゴ プロフィール
どーも、ダンゴです。

お酒と漫画とお笑いが大好きな大学生で、現在はネットビジネスとスロットで学費と生活費を稼ぎながら、細々と暮らしてます。

数年前ブラック企業に内定し、「雇われるリスク」を肌で感じた結果、就職を放棄。

とはいえ食わねばいけないので、藁にもすがる思いでネットビジネスを始めたところ、毎月10万円以上の収入を生み出すことに成功!

知識ゼロから月収10万円を稼ぐまでの道のりをメールで紹介していますので、興味があれば登録してみてください☆

⇒10万を稼ぐ第1歩


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ