すべてを与えることは残酷である

どーも、ダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

今回は僕が思ったことをマンガで描いていくシリーズ!笑

絵はヘタですが、
あなたに当てはめて読んでいただけたら幸いです(*^^*)

ライオン1

ライオン2

ライオン3

ライオン4

ライオン5

ライオン6

ライオン7

ライオン8

すべてを与えるのって一見優しい行為に思えますが、
長い目で見ると、本当にその人のためになるのかな?と考えたりします。

エサを全部獲ってきてもらっていた子ライオン君は、
親ライオンに依存していたので、
彼がいなくなるともう生きていくことはできません。

「獅子は我が子を千尋の谷に落とす」と言いますが、
本当にその人のためを思うなら、
ある程度突き放すことも必要なのかなと。

まぁ、せめて谷を登る方法を教えてから
落としたほうがいいとは思いますが( ̄▽ ̄)ノ

これは「教える側」「教わる側」両方に言えることで、
教えるときは何でもかんでもすぐに答えを与えてはいけないし、
教わるときもすぐに答えを求めてはいけないと思います。

もし与えるのであれば、
エサではなくエサの獲り方のほうですね。

そのほうが結果的に
学びも早いと思うので(*^^*)

また、与える側は稼ぎ、
与えられる側は圧倒的に搾取されます。

どう考えても
与えることができる方が強いですから。

ビジネス的に考えると、
何もせずにエサばかりを欲しがる人はカモで、
高額でエサを売りつけられても買うしかありません。

売る側はエサの獲り方を教えたほうがいいことは知っていますが、
エサをあげていたほうが儲かるので、そんなことはしないんですね。

しかもそっちのほうがすぐに結果(エサ)が手に入るので、
満足度が高いという。。(^_^;)

あなたが今「教える側」「教わる側」
どちらの立場にいるかわかりませんが、
こういったことも意識してみてほしいなと思います(*^^*)

管理人プロフィール
▼名前:ダンゴ
ダンゴ プロフィール
どーも、ダンゴです。

お酒と漫画とお笑いが大好きな大学生で、現在はネットビジネスとスロットで学費と生活費を稼ぎながら、細々と暮らしてます。

数年前ブラック企業に内定し、「雇われるリスク」を肌で感じた結果、就職を放棄。

とはいえ食わねばいけないので、藁にもすがる思いでネットビジネスを始めたところ、毎月10万円以上の収入を生み出すことに成功!

知識ゼロから月収10万円を稼ぐまでの道のりをメールで紹介していますので、興味があれば登録してみてください☆

⇒10万を稼ぐ第1歩


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ